収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造最上階人気エリア学生需要有注目の物件10%超住環境充実2路線2駅

【CFネッツ不動産戦略フェア2018】詳説 弁護士が語る『不動産と2020年民法改正』

2018年5月27日(日) 新横浜開催 あらゆる不動産知識で立ち向かえ!過酷な環境に打ち勝つ不動産戦略徹底攻略!これを機会に、2020年民法改正後の法律について、ぜひ理解を深めてください。

主催会社株式会社シー・エフ・ネッツ
開催日2018年05月27日
開場時間09:30
開催時間14:00〜14:45
会場新横浜プリンスホテル 5Fシンフォニア
住所神奈川県横浜市港北区新横浜3-4
対象者誰でもご参加可能です。
カテゴリー法律・トラブル解決
参加費0円
備考セミナーお申込み、無料の個別相談のお問い合わせはこちらまでお問い合わせください。 フリーダイヤル 0120-177-213 受付時間 10:00〜19:00 相続の無料個別相談も実施しております。

このセミナーは終了しました

2017年5月26日、民法の一部を改正する法律が成立し、2020年の施行が予定されています。その改正後の法律は、不動産投資へ、賃貸不動産経営へ、大きく影響します。たとえば、売買の目的物である不動産において不具合があれば、買主は売主に対し、「履行の追完請求」「代金減額請求」「損害賠償請求」「解除権の行使」が行なえるよう改正され、これまでの「瑕疵担保責任」と比較して、買主の売主に対する「契約不適合責任」を追及する場合の選択肢が増えるようになります。

また、不動産の賃貸借において、その賃貸借の目的物である不動産の一部が滅失したときや、使用収益できなくなったとき、不動産の賃料は減額されます。そして、これは、賃借人が賃貸人に対し、賃料減額の請求をするまでもなく、その割合に応じて、当然に賃料が減額されるのです。

このように、2020年の民法改正は、不動産投資、賃貸不動産経営へ、深く関わってきます。このたび、“CFネッツフェア2018"において、株式会社シー・エフ・ネッツの社内弁護士である世戸孝司が、今回の民法改正について、ご説明いたします。これを機会に、2020年民法改正後の法律について、ぜひ理解を深めてください。

■セミナー内容
・不動産売買後の瑕疵担保責任はどうなるのか?
・一部滅失による賃料の減額&契約解除の有効性は?
(※なお、都合によりセミナーの内容の一部を変更する場合もございます。)

このセミナーは終了しました