収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造最上階人気エリア学生需要有注目の物件10%超住環境充実2路線2駅

ヤマダ・エスバイエルホーム、第2・四半期は増収減益

投稿日:2014年11月05日 16:58

カテゴリー:ヤマダ電機,リフォーム

ヤマダ・エスバイエルホーム(大阪府)は23日、2015年2月期第2・四半期決算発表会を開催し、決算の分析と同社の方針について発表した。
同社の当期(14年3月1日~8月31日)は、連結売上高で250億9500万円(前年同期比15.1%増)と増加したものの、営業損失5億7000万円(前年同期は7億1500万円)、当期純損失7億9500万円(同7億3100万円)と増収減益となった。
消費増税による資材の高騰や人件費負担増加などが影響した。同社は今後、5月に発売したZEH商品に積極的に取組んでいくことで、建て替えなど消費増税の影響に左右されない需要の獲得を目指す。また、売上の5%を占める「E-シェリエ」で10%台を目指すなど中・高級商品を強化し、粗利益率の改善を図っていく方針だ。
また家電事業との取組みで注目されるリフォーム事業は、オーナーを対象とする自社物件、他社施工物件、ヤマダ電気店舗経由という3基軸で事業を展開した結果、売上高58億6000万円(前年同期比68.6%増)と好調だ。このリフォーム需要は、高断熱性能の向上を目指しさらに強化していく。

このニュースへのコメント

コメントを投稿するには、ログインするか、アカウントを作成してください。