収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造最上階人気エリア学生需要有注目の物件10%超住環境充実2路線2駅

三井不動産と三井物産が約1,700億円で大手町一丁目2番街区の大規模再開発を計画

投稿日:2013年08月08日 18:01

カテゴリー:再開発,大手町,三井不動産,オフィス

三井不動産と三井物産は、大手町一丁目2番街区の一体開発事業を共同で行うことで合意し、基本合意書を締結したと発表した。また、同街区内にある三井物産本社社屋の建替えも行っていく予定で、今後見込まれる同事業への投資額は、三井物産が約1,200億円(本社社屋建替えを含む)、三井不動産が約500億円を想定している。

大規模な再開発

不動産投資.me
同事業では、大手町一丁目2番街区にある三井物産本社社屋である「三井物産ビル」(三井物産所有)、「大手町一丁目三井ビルディング」(三井不動産所有)、並びに「大手町パルビル」(三井物産及び三井不動産による共同所有)を一体で建替え開発する計画であり、敷地面積2万平方メートルを超える開発事業となる。

最先端のオフィス機能、環境性能、防災機能を備え、オフィス用途と商業用途等を兼ね備えた複合用途ビルとして、今後、関係行政機関及び地域関係者とも協議の上、同事業の具体的な計画を進めていく。

三井物産本社ビル

不動産投資.me
三井物産は、現在の本社社屋(1976年竣工)の建替えにより、省エネ等のビルの環境性能の改善、防災機能の向上、効率的なオフィスによる生産性の向上を図る。来年度中に仮事務所へ移転し、2015年に解体工事に着手、2019年の新社屋完成を予定している。

所在地東京都千代田区大手町1丁目2番
敷地面積20,847m2(登記簿面積)
建物概要未定
予定工期2016年新築着工、2019年竣工

このニュースへのコメント

コメントを投稿するには、ログインするか、アカウントを作成してください。