収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造最上階人気エリア学生需要有注目の物件10%超住環境充実2路線2駅

エス・バイ・エルからマイホーム感覚の戸建賃貸住宅 エルシス・ガーデンをリリース

投稿日:2013年03月11日 09:04

カテゴリー:マイホーム,賃貸住宅,戸建賃貸住宅,都市型,郊外型

エス・バイ・エルは、賃貸住宅ブランド「St’LOUER(セントロイエル)」の第3弾商品として、戸建賃貸住宅新商品「elsis garden(エルシス・ガーデン)」の販売を開始した。

賃貸住宅ブランド「St’LOUER(セントロイエル)」は、「街(street)と暮らし(Life)に魅力(Louer/称賛)を添える。」をテーマにした、エス・バイ・エルが提案するこれからの時代に求められる新しい賃貸住宅ブランド。

戸建賃貸住宅や、連棟でも上下階を一体的に使用できるメゾネットの需要拡大に着目した、賃貸住宅でありながら“マイホーム”と誇れる戸建感覚の賃貸住宅となっている。

共同住宅と比較すると入居期間が長い

近年、戸建賃貸住宅とテラスハウス(長屋建)の市場は拡大傾向にある。共同住宅と比較すると入居期間が長いのが特徴で、総務省が実施する「平成20年住宅・土地統計調査」の平成20年9月時点における民営借家世帯の入居時期によると、5年以上暮らしている世帯が過半数を占めている。

また、国交省の「平成23年度住宅着工統計」の戸建て・長屋建ての構造別新設住宅着工戸数シェア(貸家)では、コストパフォーマンスの高い木造が圧倒的なシェアを占めている。

そこで、エス・バイ・エルでは、独自の「Sxl-Wood(換気付き木造)」構法で、戸建てと連棟(テラスハウス)の2種類の賃貸住宅を開発した。

都市型と郊外型の2タイプ

「elsis garden(エルシス・ガーデン)」では、都市型と郊外型の2種類があり、賃貸住宅でありながら“マイホーム”と誇れる戸建感覚の賃貸住宅となっている
不動産投資.me

都市型・エルシス・ガーデン コート

サイドコートタイプ、コーナーコートタイプ、フロントコートタイプの3タイプの中庭(コート)を建物に取り込んだ戸建賃貸住宅。高さのあるルーバー等で外部からの視線を遮り、家族のプライベートな時間を専用庭で楽しむことができる。

また、専用庭をビルトインガレージに活用するプランも用意しており、1棟毎の独立性を保ちながら土地形状に合わせた配棟計画が可能となっている。

郊外型・エルシス・ガーデン テラス

建物に繋がるエントランス廻りに植栽のある戸建賃貸住宅。連棟にすることで緑の繋がりが生まれ、入居者同士のコミュニケーションを育んでいく。

建物の前面に設けた 外構・植栽スペースがオープンな庭付き戸建感覚を高め、若い世代に人気のモダンテイストと日本の街並みに調和するオーセンティックテイストの2テイストが用意されている。 また、連棟にすることで入居者に人気のテラスハウスとしての建築も可能となっている。

エルシス・ガーデン9の特徴

  • 1邸毎に専用庭を確保し、戸建感覚を更に高める。
  • サイドコートタイプは、専用庭を隔てることで隣接住戸の音も軽減し、ビルトインガレージも実現。
  • 連棟の組合せの自由度が高い為、様々な土地形状に対応。
  • 1邸毎に専用駐車場を確保可能とし、入居者を獲得し易く。
  • ファミリー層の長い入居期間が見込め、安定的な収入を確保。
  • 希少性が高い為、高めの家賃設定で質の高い入居者が見込める。
  • 独立性の高さを活かしてペット可物件として希少性を発揮。
  • 賃貸併用住宅としても長いスパンでインカム型の経営を実現。
  • 入居者が1邸毎に管理する為共益費が不要で、管理の手間も軽減。

このニュースへのコメント

コメントを投稿するには、ログインするか、アカウントを作成してください。