収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造最上階人気エリア学生需要有注目の物件10%超住環境充実2路線2駅

東急不動産が日生球場跡地に商業施設を開発 2015年開業を目指す

投稿日:2013年03月01日 11:57

カテゴリー:商業施設,大阪,再開発

日本生命保険と東急不動産は、日本生命球場跡地の活用について、事業用定期借地権を設定することに合意した。

今後、東急不動産では日本生命球場跡地に、商業施設の計画検討を進めていき、関連会社の「東急スポーツオアシス」を核テナントとして誘致していきたい考えだ。敷地は3万3千平米。なお、施設開業は2015年を予定している。

日本生命球場とは

かつて日本の大阪府大阪市中央区にあった日本生命球場は、1950年にアマチュア野球中心の球場としてオープン。市民に親しまれる球場として運営してきたが、大阪市内に新しい球場が建設される中、1997年12月に閉鎖した。

当時、観客からはJR大阪環状線と大阪市営地下鉄中央線の森ノ宮駅下車すぐという立地条件や、グラウンドとスタンドの距離が近くて見やすいなどの点が評価されていた。


大きな地図で見る

このニュースへのコメント

コメントを投稿するには、ログインするか、アカウントを作成してください。