収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造人気エリア神奈川最上階学生需要有注目の物件10%超住環境充実

一覧表だけで、

キーワード:,資産管理,法律,固定資産税評価,相続税評価,相続税

投稿者:飯島 誠

2014年02月09日 22:58

昨日の雪には驚かされました。

今朝は朝の6時から雪かきに追われていましたので、身体のあちこちが痛く、午後の打合せで立ったり、座ったりするのがきつかったですね。

きついと言えば、資産管理の相談を受ける傍ら賃貸管理も担当させていただいていますが、頭の中を整理するのが大変です。(弱音ではありません。)

こっちで法律に関する本(六法・コンメンタールなど)を広げて、こっちでは賃貸市場に関するデータを確認すると言う日々が続いています。

と言うわけで、ブログが疎かになっているわけではないのですが・・・・、

ところで、資産管理などの相談を受けていますと、土地利用や現在の所有する不動産などの活用状況が正解などなのか、という相談は非常に多いものです。(と言いますか100%です。)

確かに、所有する不動産の活用方法の間違いなのか、正解なのか疑問になるのだと思います。

私の場合、本屋などで並べらている書籍とは違い正解か不正解なのかはあまり気にしない方が良いのでは?と考えています。

理由は簡単で、正解・不正解など考えると、そのことだけで疲れるからです。

では、どうするのか?と言えば、ご自身の不動産を一度並べてみることをお勧めしています。

たとえば、10の不動産があるとしたら、現状の使用方法(自宅・アパート・駐車場など)・収入・支出を書きだすだけで気がつくことがあるはずなのです。

そして、時価・固定資産税評価・相続税評価・簿価などを計算しておけば、この土地は固定資産税は安いけど、相続税評価が高いなぁ、などと今まで気がつかないものが見えてくるのです。

そして、どうしても相談と出てくる相続税。

当然ですが、元気な本人に相続税の話をすると嫌がられます。(喜ぶ人まずいませんよ!)

ただ、子供たちにとっては問題となる相続税。気になるところです。(全員気になっています。)

面白いことに、先程お伝えした一覧表を見ていると、どこを誰に継がせるのか、どこを処分してもいいのか、などなど相続の話をしなくても解かってくるのです。

これが分かれば、いちいち相続の話を嫌がる親にしなくても分割・納税対策は出来てしまうのもの。

どうしても遺言などで残してもらわないといけない方法もありますが、この表一枚である程度の問題は解決出来るようです。(これで解決してきましたので、)

ご自身で作成するのは難しのかもしれませんが、一度作成してみることをお勧めします。(絶対に、)