収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造最上階人気エリア学生需要有注目の物件10%超住環境充実2路線2駅

太陽光発電所を囲うフェンスの保険的な観点での扱い。

昨日は義母(仙台法人社長)と保険代理店さんと私の3名で会食を昼やりました。

その中で、へーと思ったことがあったので、書いておこうと思います。

全ての保険会社さんでそうかはわからないですが、私が契約している保険会社さんは

こういう動きと認識なんだよ、ということで参考までにお読みいただければ幸いです。



「これは保険会社の社員も代理店の私も誰も知らなかったのですが・・・」と

前置きしてから、保険代理店さんはこう言いました。



「太陽光発電のフェンスは、太陽光発電設備そのものの保険の補償対象外なのです」



な、なんだってー!?



そういえば、補助金の申請をした時も、本体代金にフェンス代は含めないという

取り決めがあったような気がします。それと同じ考え方なのでしょうね。



でも、うちの太陽光発電所のフェンスが倒れた時、保険金出ましたよね?

(過去ブログその1・過去ブログその2をご参照ください)




「あれは救済措置で、本来は出ないはずですけどそのように話をしていないので

 出しているんです」



そうなんですね・・・。知らなかった。そりゃ代理店さんも保険会社の社員さんも

知らなかったことなんだから、私が知っているわけないか。



で、今後はこの状態を是正する方向で保険会社さんとしては動いているようです。

本体部分以外にフェンス部分の保険を別途締結する、という形です。

コスト的にはやや上がってしまいますが、やむを得ないかなと思っています。

補償がない状態で放置し続ける方が怖いので。



保険代理店さんにお見積を依頼したところ、本体の火災保険の補償額からフェンス代を

差し引くことと、改めてフェンスの分で契約を締結することで、だいたい3万くらい

足が出る結果となりました。ただ、足と言っても、契約期間の違い(本体は5年契約で

もう3年近く経過しているが、フェンスは新規5年契約)などもありますので、

厳密にどのくらいコストが発生しているのかはわかりません。



ま、細かいことは気にせず契約しようと思います。

いつもこうして適切なタイミングで適切な情報を提供してくださる保険代理店さんに

あらためて感謝したいと思います。ありがとうございます。



皆様の太陽光発電、フェンスも補償対象になっていますか?

不安がある方は一度確認された方がいいかもしれません。