収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造最上階人気エリア学生需要有注目の物件10%超住環境充実2路線2駅

家族の理解を得るには、まず家族にメリットを与えることから。

キーワード:不動産投資,家族,連帯保証人,メリット,デメリット,理解

投稿者:ひろ*

2018年07月14日 08:30

あれやこれや忙しいとぼやいている私ですが、それでも家族の節目のイベントは

優先して対応しています。不動産の恩恵は家族皆で受けないと、ね。



不動産投資をしてみたい、という人にとって参入障壁となるのは、連帯保証人として

身内を立てなくてはならない、という点もあるのではないかと思います。

奥様のご理解を得られない、銀行さんに一緒に行ってくれない、といったお話は

割とよく聞く気がします。



そりゃあ借金の連帯保証人になって貰うなんて、普通に考えたら嫌ですよね。

家族が何か変なマルチに洗脳されたかと警戒するのも無理はありません。

一度疑うと、説明しても話が耳に入ってこなくなるのもやむをえません。



私の勝手なおもいこみかもしれませんが、家族といえども人はその行為に対して

メリットがあるかないか判断して行動しているのだと思います。その借金の連帯保証人に

なることによって、自分にどのようなメリットがあるのかを考えた結果、その選択を

するかしないかを決めるのではないでしょうか。



普段から家族のことを思い、家族と利益をシェアする、家族をねぎらうといった姿勢を

見せていれば、家族はそれに対して感謝をするでしょうし、その恩に報いたいという

ことになって、連帯保証人という難しいことでも「あなたが喜ぶなら私も嬉しい」と

いった感情面でのメリットや「これでお金が稼げるなら、私たちにもその恩恵がある」と

いった金銭的なメリットを感じて、結果として引き受けてくれるのではないでしょうか。



私自身、自分が好きなことだからやるという観点ではなく、家族が好きなことだから

やる、家族の好みに合わせる、という対応をすることもあります。それが家族のことを

思うということだから、だと私は思っているからです。

(昔はかなり自分勝手でしたが、嫁ちゃんにだいぶ指導されて矯正されました・笑)



私は旅行するなら分単位でスケジュールを刻んで、効率よく色々な観光地を回るのが

好きですが、うちの嫁ちゃんはホテルにゆっくり滞在して観光は最小限にしたいという

希望を持っています。そういうすれ違いがあるのに、自分の希望ばかり優先していたら、

相方はきっとつまらない気持ちになるでしょう。



嫁ちゃんへの今年の誕生日プレゼントは、東京のリッツカールトンで一泊宿泊でした。

誕生日や記念日のイベントは忘れないように行っていますし、その時はできるだけ

家族が喜ぶようなことをするよう心がけています。家族が喜べば自分も嬉しいですから。



そして不動産のキャッシュフローが増えるにつれて、そのグレードが上がっていくので

家族としても私が行っている不動産賃貸業に協力しようという気持ちが芽生えている、

のかもしれません(あくまでこれは推測)。



私の不動産仲間の友人の中には、家族に連帯保証人になって貰うことと引き換えに

家族が信仰する宗教に入信したというツワモノがいます。これも、相手が求めることを

理解して、自分のメリットと相手のメリットが合致するように考えた結果だと思います。

そんな彼も無事にサラリーマンをリタイヤし、専業大家さんとしてゆっくり・・・

しているかと思いきや、家族の宗教の行事をどんどん入れられてあまりゆっくりとは

できていないのだとか(笑)



もしこのブログを読んでいて、家族の理解を得られなくて困っている方がいるようなら

まず自分が家族に対して寄り添ってみてはどうでしょうか。それをやっていると、

家族の喜びと自分の喜びがだんだん一致してきて、理解をして貰いやすくなると

思います。



※勿論、それ以外の事情でなれない人もいると思いますので、決めつけているわけでは

 ありません。あくまで個人的な主観で書いているだけです。もしご気分を害された

 方がいらっしゃいましたら、お詫び申し上げます。