収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造最上階人気エリア学生需要有注目の物件10%超住環境充実2路線2駅

脂っこいシェアハウス、別の現金客に持っていかれました。

キーワード:仲介業者,買付,元付,シェアハウス,利回り,融資,役員会,現金,東京,不動産投資

投稿者:ひろ*

2018年05月15日 08:14

時間がかかっていた脂っこいシェアハウスの一件、時間がかかりすぎたがゆえに

別の現金客に持っていかれてしまいましたorz



先日より進めていた脂っこいシェアハウス。都内で土地値で利回り18%という

良い話です。勿論問題点はありますけど、どれもリスクヘッジできる問題と認識したので

突き進めばいいと考えました。



現在の運営が日本人学校の生徒を日本人学校の運営母体が斡旋して入居させているため

その斡旋がなくなったらどうするか、など色々シミュレーションはしました。その結果

代替の運用の裏取りもできたので、いけるだろうということで進めておりました。



しかし今はかぼちゃのせいでシェアハウスに対する風当たりも厳しいのです。支店では

ゴーサインが出ているのですが、本部であれやこれやと色々ツッコミを受けて、それに

対しての作文を繰り返す、という作業があり、進捗状況がちょっと遅くなっていました。



また、今回持ち込んだ東京ではメインバンク格になる信組さんも、今回の借入によって

1億以上の残高になることから、役員レベルまで話を通さなくてはならないということで

役員会のタイミングにあわせての承認になる、ということでした。



こういったところがネックになり、支店レベルでゴーサインが出た後、時間がかかると

いう状況が生まれていたわけです。



そんな中、仲介業者さんからちょっと不穏な連絡があります。



今回の案件、レインズに普通に出ていた案件を仲介業者さんが拾ってきた形になります。

元付様へのアタックは特にしておらず、元付さんとのグリップに関してはその仲介さんに

一任しておりました。



今回来た連絡は、元付さん側に別の仲介さんから現金客の買付が入りそうだとのこと。

元付さんは現金客に売却したい雰囲気を出しているので、できるだけ早く融資の承認を

取ってきて貰いたい、とのことでした。



むぅ、それは確かにまずい・・・。でもこちらは支店レベルでゴーサインが出ているから

これまでの実績からすれば融資は固いはず。それにこちらはだいぶ前から話として

持ち込んでいるんだから、ここで対案を出せば、数日後の役員承認まで待ってくれると

思うんですよね。希望的観測ですけど。



じゃあどうしたら待ちたくなるか?いくつか手段を考案し、仲介業者さんに武器として

持っていって貰いました。ざっと挙げると、以下のような手段です。

・元付さんにコンサルフィーを出す

・融資特約無しで契約する

・元付担当者さんにボーナスを出す

覚悟とお金でこちらに流れを引き寄せよう、といったところです。



そして昨日のこと。仲介業者さんから連絡がありました。

元付業者さんと交渉したが、結局現金客で行きたいという意思は曲げられなかった、と。

先方曰く、報酬の部分ではなくルール・マナー的なところを重んじて行動したいので、

現状のキャッシュ購入の方で進めさせていただきたい、とのことです。



・・・一瞬だけ感情的にならせてください。



ルール・マナーを重んじるなら先に話を持ち掛けてるこっちを優先しろやー!(怒)

さっさとカネになる方を選んでおいて、なにがルール・マナーだゴルァ!(怒)




ふー、すっきりした。まあこういうことを言う元付業者さんだということであれば

かえって縁が作られなくてよかったのではないかと思います。すっぱり捨てましょう。



まあでも、こちらも仲介業者さんが「買付入れましょう」と言わなかったので、

口頭でおさえてくれていると判断して特に買付の書面を入れたりはしませんでしたから

書面上の一番手がその現金の方だったのかもしれません。そうだとすると、こちらが

書面を入れなかったことがミスだったということになり、先ほどぶちまけた不満も

「そもそもおたくら買付入れてないですし」と一蹴されることでしょう。



この辺は仲介業者さんと元付業者さんの駆け引きの話だと思います。だから真相は

闇の中。まあでも、私の目から見たらそう見えるということで・・・。

次はこちらから「買付入れます?」とちゃんと確認しよう。うん。反省。

そして仲介業者さんにも、徒労に終わらせてしまったことを申し訳なく思います。



仲介業者さんからは「メインバンクさんにこのことは報告せず、融資の承認を取って

1番手のキャンセルを待ちましょう」というご提案をいただきましたが、これについては

丁重にお断りしました。役員承認まで取っておきながら実行できないというのは、

メインバンクさんに対して失礼に当たります。それに、ご縁がなかったなあという

感情が強く残ってしまい、これ以上追いかけて再度手繰り寄せたとしても、あまり

気持ちが入らない物件になってしまいそうなので、ここですっぱり諦める方針で

いきたいと思った次第でした。



ま、今年に入ってからもちらほらと案件は来ています。またきっと良縁があるでしょう。

今回は残念でしたが、次の縁があるまでしっかりと牙を磨いておきたいと思います。