収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造人気エリア神奈川最上階学生需要有注目の物件10%超住環境充実

ふんどし王子と波乗りニーノさんのコラボセミナーに参加。

昨日は名古屋にお出かけして、健美家ファミリーフン様波乗りニーノさん

コラボセミナーを受講してまいりました。



最近はあまりセミナーとかにも参加しておらず、ちょっとたるんでた自分ですが

たまたま波乗りニーノさんの新築を見学させていただいて食事を一緒にしていた時に

セミナーあるよと教えていただき、じゃあ行きますという感じで行くことにしました。

完全にノリです(笑)



セミナーにあまり行かなくなった理由としては、別にセミナーに無理にいかなくても

ブログやSNSでの情報交換、大家仲間との情報交換で必要な情報が得られる環境に

なったからなのだと思います。そういう情報交換ができる友人がいない頃は、セミナーも

貴重な情報源だったのですが、今はノウハウがネットに無料で転がっている時代ですから

無理にセミナーに行かなくてもいいんじゃないかなあ、と。



自社商材(有名大家さんが開く〇〇塾なんかも含めて)に誘導するセミナーなのか、

そうではないセミナーなのか。その辺を見極めて参加しないと、時間を無駄にする

だけになりかねません。



その点、フン様やニーノさんでしたら、誘導する自社商材もありませんので(笑)

ニーノさんはファイナンシャルリテラシーを高めさせるためのセミナー業を事業として

(半分趣味で?)行っている人ですし、フン様は本を売らないと出版社に申し訳ないと

いう感覚+全国に経費で行けるなんてサイコー!というのが趣旨っぽいですし(笑)



お二人とも仲良くさせて貰っていますし、富山や彦根に視察に行った際にも、

とても良くしていただきました。富山1棟目を初めて見に行った時なんて、フン様に

電話して「暇なら車出してほしいです!」とか無茶苦茶なお願いをしたのに、

快く車で物件に送迎していただいちゃいましたし・・・。



なので、そんな二人のセミナーだからということで、参加してきました。

ついでに名古屋の大家さんに会ったり、名古屋の市場でも教えてもらおうという感じで。



セミナーですが、初心者の方にはとてもおススメできる内容でした。



フン様は持ってるものを全てさらけ出して、これまでやったことを惜しみなく放出。

基本的には著書で書いてある内容がほとんどなんですが、目の前に実際に31歳で

ここまでキャッシュフローを得た人がいる、というのは初心者の人にとっては大きな

刺激になると思います。



富山って、地元の人は利回りかなり高いのを仕込んでいます。だから、2億も借りれば

CFは1000万に到達してしまうような環境であり、それゆえに4~5年で不動産で

食っていける体制になり、普通にサラリーマンをホイホイ辞めていくことができる、

かつ投資家同士の横のつながりが非常に濃いので情報も集まりやすい国です。



こういう実例を「自分が置かれた環境と違うから」と冷めた目で見るのか、地域ごとの

違いがあって面白いとみるのか。そこが伸びる人と伸びない人の差じゃないかなあと

個人的には思ったりもします。



私がフン様と強く共感するところは、人とのつながりを大事にしようという発想と

自分だけでなく相手のメリットにもなる行動をしようとしているところです。

そういう意味合いのメッセージが言葉の端々からあふれておりました。

あとは、情報は出したら出しただけ自分に返ってくる、というところも共感しました。



波乗りニーノさんは地方新築木造投資の話でした。かいつまんで言えば、小さい街でも

賃貸需要がいい場所は必ずあるから、そこを見極めてそのエリアに土地を現金で買って

地主になって建物は銀行から借りよう、そしてハウスメーカーにはできない独自の

特徴を凝らしたアパートを作り、高い家賃でも選んでもらえる顧客満足度の高い

アパートを作ろう、という感じでした。



ニーノさんのセミナーは、具体的な新築ノウハウというよりは、より概念的な内容です。

心構えや目標設定といったところに重きを置いており、具体的に人生の目標を紙に

書き出してみる時間を作るなど、趣向が凝らされておりました。



あと思わずうなずいてしまったのは、メンター選びの話です。

メンターを探すときは、その人の背景をきちんと把握しなくてはならない、と。

なるべく自分に近い背景を持った人を選びなさいという話をされていました。

その人の家族背景や職業、資産背景などをきちんと調べて、自分にとっての再現性が

あるのかを把握しよう、という話でした。すごく納得。



例えば、同じファイナンシャルフリーの状態でも、独身貴族と子沢山家庭ではそもそも

必要になるお金の金額が異なります。妻と子供を養う必要がある人が、独身のメンターを

持ったとしても、それは必要な金額が違うので参考にならない、と。



例えば、普通の主婦でもできたとか、ご主人の力を借りずに一人で資産を増やしたとか、

そういうメンターを見つけたとします。でもその人のご主人が超一流のサラリーマンで

ものすごく稼いでいるとしたら、やっぱりその人の属性も総合的に加味されて融資判断は

されてしまいます。自分自身にそういう伴侶がいるなら再現性はありますが、そうでない

場合は再現性がありません。



例えば、ものすごい借入金額に達しているメガ大家さんをメンターにしたいとします。

その人が実は地主からのスタートでした、ということであれば、普通のサラリーマンは

スタートの段階から真似ができないということになります。



いずれの話も、具体的に誰の事という名前は言ってなかったのですが、塾とかで

売り出している人の中には、意図的に自分の情報を都合よく隠している人もいるから

それを見極めてメンターを探す必要があるよ、ということを仰っておりました。



そういう意味で、貧乏子沢山家庭出身の高卒製造業サラリーマンであるフン様は

誰でも真似できて再現性が高いという話もされていました。そう言われると確かに(笑)

まあでも富山在住で富山の市場性があるからという点もあるでしょうから、その点も

加味してどこまで真似できるのか、ということは考えた方がいいのでしょうね。



二人に共通して言えるのは、人たらしであることではないかと思います。

コミュニケーション能力が高いとか、自分をまずはさらけ出して懐に飛び込むとか、

いろいろ分析すればいろいろと出てくるんだと思いますが、とにかくこの二人と

一緒にいる時間は楽しいひと時だ、という印象を相手が持ちやすいのだと思います。

事実、私もそう思っていますから。



不動産業ってとても俗人的なビジネスで、こいつ気に入ったから物件出すぞとか、

あんちゃんいつも頑張ってるから、今回はおれが負けたるわーとか、そういうことが

割と普通にある業界です。いかに相手に好かれるか、みたいな。



そして仲間の輪を大切にしていますし、そういう場がない人に向けて場を提供することが

ひいては自分に返ってくる、という感覚も持たれています。



セミナーの後の懇親会では、ニーノさんのはじめの挨拶で「サラリーマン大家をしてると

隠れキリシタンみたいなもので、その話を思いきりできる場がない」「この場は何も

気兼ねせずに存分に不動産の話ができます」といった趣旨の話を、そしてフン様が

「今回のセミナーをきっかけに投資家仲間のグループができて、ある日再開した時に

あのセミナーで知り合ったメンバーと今でも仲良くしているという話を聞ければ

僕は満足です」的なことを言っておりました。



そういう気持ちがあるって素敵なことですし、きっとその気持ちがここまでの成功を

呼び寄せたのだと思います。



セミナーの内容がどうこうというのも勿論あるのですが、初心者の方はまずはこの二人に

実際に会って、こういう人がいるのかと認識をすること、そして成功するためには

何が必要なのか、その感覚を盗み取るのがいいんじゃないかなあと思った次第でした。



私自身も、久しぶりに知らない人ばかりのセミナーに参加し、名刺をいっぱい出して

新鮮な感覚を味わうことが出来ました。ありがとうございました。

あと仙台でちらっとすれ違っただけだったアネゴとゆっくり話が出来て楽しかったです。

上がふわふわニット、下が作業着風のズボンといういで立ちの女子を見かけたので

あの人たぶんアネゴだろうなーとちらちら気にしてたら、やっぱり正解でした。

アネゴサイコー!A・NE・GO!A・NE・GO!



さて、せっかく来たので月曜の昼くらいまで名古屋を堪能して帰ります。

名古屋レポートは・・・あるかもしれないしないかもしれない(笑)