収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造最上階人気エリア学生需要有注目の物件10%超住環境充実2路線2駅

出来レース!?融資の本申込をしてきました。

キーワード:不動産投資,東京,融資,本申込,借地権,火災保険,司法書士,金銭消費貸借契約,決済

投稿者:ひろ*

2017年11月28日 07:33

前日に作った売買契約書を持参し、東京8棟目(仮)の融資審査をしてもらうための

本申込をしてきました。



こちらの金融機関さんとは今回初めてのお取引となります。どんな風に仕事を進めるのか

まだあまりわかってない状態で話を聞いてましたが、どうやら次のような順序で対応を

進めているようです。



1.資料が持ち込まれたら支店内で仮審査

2.1がOKだったら、本部も含めてネゴを取る

3.2がOKになった後、売買契約書を提出して貰い本審査をかける

4.3の本審査がOKとなる



本審査と言うけど、金融機関さんの口ぶりからすればおそらく2の段階で審査は通ると

決まっているようです。本審査はこれからという状況なのに、既に金消契約の日程の話に

なっていましたし。



恐らく、建前上売買契約書がないと本審査がかけられないのでしょう。でもそれを

持ってくる前に、本部も含めて審査OKという形でネゴしているものと思われます。



そんなわけで、その本審査をしてもらうために、日曜日に締結した売買契約書を

持ち込んで、今後の流れなどを確認しました。



当日持参してほしい書類の説明(印鑑証明書などの公的書類もあれば、以前提出した

内容のうち情報が不足していたのでそれを集めてきてという内容もありました)や

今後の決済の日程、司法書士の先生や火災保険の確認などの確認がありました。



こちらの金融機関さんはサンデーバンキングとして日曜日も営業しています。

私が会社員ということもあり、日曜日の金消契約が良いでしょうと先方は判断して

その内容で日程を提案してくれました。おそらく、こちらの希望は最速での融資実行と

いうことを伝えてありましたので(できれば12月中にアパート部分のリノベは

終わらせたいという意図もあります)、そこを踏まえてのご提案だったと思います。



しかし提案いただいた12月3日の日曜日は、あいにく私も連帯保証人予定の嫁ちゃんも

仙台に行ってしまっており不在です。仙台大家の会の年末のセミナーに参加するため。

ですので、平日でも構わないということを伝え、12月1日の金曜日を逆提案して、

その日程でも問題ないことを確認しました。決済は12月8日に実行できそうです。

会社休まないといけない日が増えてしまいましたが・・・まあ仕方ない^^;



金消の日までに、できれば借地契約を終わらせておいてほしいと言いつつ、先方からも

「おそらく無理ですよねえ・・・」と。はい、たぶん無理だと思います^^;

少なくとも決済日までには必要なので持ってきてください、と言われております。

これはこれでまた会社休まないと借地契約できないような?うーん、厳しい!



司法書士の先生に関しては、私としては顔なじみの先生にお願いしたいと考えてましたが

金融機関さんとしては別の先生を使いたいということでした。調整した結果、所有権

移転登記は私の馴染みの先生、抵当権設定登記は金融機関さん指定の先生、ということで

すみわけをしていただくことにしました。



火災保険に関しては質権設定があるということでしたので、いつもお願いしている

保険代理店さんにその旨お伝えし、お見積をお願いしました。



今回はリノベ分の一部も融資して貰う想定ですが、このリノベ部分は通知預金として

扱われるということでした。札幌6棟目でもありましたが、融資はするものの資金使途と

異なる使い方をされても困るから、所定の目的以外で融資金を引き出したり振り込んだり

できないよう、通知預金として別の通帳で管理するということになるようです。

※ネットで「通知預金」を調べると、説明の内容と違う印象を受けますが・・・



12月中に一部のリノベが終わるはずなので、その支払にこの通知預金を利用して

支払えばいいのかな、と思っています。



お話した内容を仲介業者さんと共有し、本日のミッションは完了。

あとは不足していると言われた通帳の未記帳分を記帳しておくこと、印鑑証明書および

住民票を取得してくることくらいです。この辺は嫁ちゃんに作業を依頼しました。



決済まで11日。しばらくはあわただしい日々が続きそうです。