収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造人気エリア神奈川最上階学生需要有注目の物件10%超住環境充実

草刈り騒動勃発!最後は何とかまとまりました。

キーワード:不動産投資,太陽光発電,野立て太陽光,草刈り,見積,ミス,発注,実施時期,調整

投稿者:ひろ*

2017年07月21日 09:02

人間誰しもミスはあると思うので、それをどうリカバリーしていくかが大事です。

今回、草刈りのお仕事を発注した業者さんが軽くやらかしてくれてしまいましたので

それについて不満を申し上げたところ、頑張ってリカバリーくださいました。



ことの発端は仙台法人で保有する野立て太陽光発電所の草刈りの見積依頼でした。

前回までの担当者さんが、4月末で担当を離れるというお話になっておりまして、

それまでに1回見積を出して貰い、草刈りを実施してました。

その際に、次は6月後半にやりたいからという話はしてあり、その件も引き継ぎを

してくれるということで会話していました。



5月の終わり頃に次回の見積をということで電話したところ「今から見積だと

依頼が立て込んでいるため7月後半になってしまう」という話ありました。

うーん、草が生えてくるスピードを考えると、2ヶ月半は空けたくないし、そもそも

うちが仕事を出すってことは前から伝えてあったと思うんだけど・・・。



まあでもそんなこと言っても仕方ありません。できないものはできないんですから、

それはその特性を理解せずにこちらが見積を事前に取っておかなかったことにも

責任はあります。だからここはおとなしく「わかりました」として、7月にやれる形の

お見積をください、としておきました。



それから月日は流れ、7月に入りました。そして気が付きました。見積どうなってる?

いろいろ立て込んでいたから、そっちまで気が回らなかったです。見積が来たら義母から

すぐ連絡があると思っていましたが、連絡がありません。見落としているのかな?



義母に見積来てないかと確認したところ「来てない」と。あれ?どうなってるんだろう?

その時もバタついていたので、義母に代わりに電話してもらうようお願いをしました。

どうやら見積することを忘れていたようです(苦笑)



そこから半月後くらいに、ようやく見積が届きました。相変わらず激安です。

そのまま義母に発注を依頼したのですが「発注したら8月後半になるって言われた」と。



・定期的にお願いしたいと言っていたけど、その分は考慮されない人員計画になっていた

・見積を依頼したけど忘れていた

・上記が重なり、本来希望していた作業時期から2ヶ月遅くなった



さすがに今回はうちが折れる必要ないよね?

義母からの一報を聞いた後、こちらで時間を作って発注先にお電話しました。



見積を忘れていたのは業者さんなのだから、その都合で本来伝えていただいていた

7月後半の作業予定を8月後半にされるのは困ります、うちだってこの事業で収益を

得ており、その収益に関しての損失が発生してしまいます、何とか調整をしていただく

ことはできませんか?



こういう時に勘定に任せて怒ってもいいことはないよね、というのが私の考えです。

困っていること、その状況に陥った理由の主たる原因が相手側にあることを訴えかけて

何とかなりませんかと泣きつく方が、相手も「これは調整しないとなあ」と思ってくれる

可能性が高まるものと考えています。日本人が相手ではない場合は、たぶんまた違った

アプローチが必要なのでしょうけど。



結果として、先方が頑張っていろいろ調整してくれたようで、本日草刈りが行われると

いうことになりました。ありがとうございます!当初予定通りで進められそうです。

既にパネルの上に草が出ている状態ということでしたので、ここからさらに1ヶ月後と

いうことになってたら、けっこうきつかったと思います。



たぶん、いつもの人じゃない人を投入したのでしょう。

鍵の番号とか先方から質問の電話が来ましたので、もし現場でわからないことがあれば

いつでもこちらの携帯に電話してください、と伝えておきました。



これで太陽光も一安心です!

次は同じ失敗をしないよう、事前に回数分の見積を取ってしまおうと思います。