収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造最上階人気エリア学生需要有注目の物件10%超住環境充実2路線2駅

5年の積金が満期を迎え、関係継続か否か検討する。

キーワード:ファミリー,松戸,説明,確定申告,管理,札幌,相談,融資,継続,積金,東京,不動産投資

投稿者:ひろ*

2016年08月01日 08:39

ちょっと前のお話になりますが、小口の修繕の借入をしている金融機関さんのところで

やっていた積金が満期を迎えました。



5年半くらい前でしたが、今回積金が満期になった金融機関さんに初めて融資相談に

行った時のこと、そこからの融資否決までの一連の流れをふと思い出しました。

購入できなかったけど、あの物件のことはよく覚えています。不動産賃貸業を始めて

間もない時期だったので、印象に残っているのかもしれません。



札幌ではなく関東に物件を買おうと思い、業者さんから紹介いただいた松戸の物件の

現地調査をする過程で、近隣の家賃相場などを地元の業者さんにヒアリングしました。

そのヒアリングの最中に「こっちの方がいいと思います」「売主さんが近々売るって

言ってるから紹介します」と出してくれた物件が、私の心に見事に刺さりました。



2DKが12部屋。S造で築年数はちょっと古め。耐用年数は10年ちょっとしか残って

いなかったものの、利回りは15%以上。ファミリーでこの利回り、しかも積算も売価と

同じくらい、道路付けも良いということで、一気に気持ちが傾きました。



この物件の融資をつけるために、都内と千葉県に支店があるいくつかの金融機関さんに

突撃しました。その中に今回の金融機関さんがいたのです。電話して訪問すると、

融資課長が直接対応してくれました。融資課長は割とやりたかったみたいで、資料を

組み立てて頑張ってくれたのですが、直近で札幌3棟目を購入してしまったことが

足を引っ張り、結局本部でゴーサインが出ずに終わりました。



他の金融機関さんも残念ながらことごとくNGで、この千葉県の物件は買えずじまいに

終わったのですが、その時よくしてくれた金融機関さんに、以降案件を有利に進めるには

どうしたらいいかと相談した際に「積金やってくれると取り上げやすいです」と言って

いただき、お取引を開始したという経緯です。



あれから5年経つんだなあ。懐かしい。あの融資課長さん元気かな?



最近は支店長や営業担当の方の雰囲気も変わり、そもそも札幌に物件がある時点で管理が

できないから難しいです、と詳細検討前に断れる(ように感じる)ケースが多くなり、

ちょっと足が遠のいておりました。今回、満期の連絡を受け、今後この金融機関さんと

関係を再構築できるか、このタイミングで決めようと決意。満期の手続きとともに、

現状の共有をして今後どのようにご支援いただけるかお聞きしたいと話しました。



営業の人は新しい方に変わっておりましたが、この方がなかなかフットワークが軽く、

家まで来てくださいました。自宅でここまでの不動産賃貸業の概要をご説明させて

いただき、これまでに何回か融資相談したが、結局札幌に物件があるのがよくないという

理由で断られてしまっていること、それが本当に理由で取り上げられないなら、今後は

お互いのために新規取引は見合わせた方がいいだろうと考えていることを説明しました。



新しい営業の方は、こちらが用意した概要資料と決算書に目を通した上で、札幌に物件を

持っているからダメということは一概に言うつもりはないこと、案件によって是々非々で

判断できると思うというご自身の印象を話してくださいました。満期まで積金を続けた、

という実績もあるし、案件を持ち込んでくれれば検討はできるはずだ、と。



本当に頑張ってくれるといいなという気持ちと、そう言わないと次の積金の契約をして

もらえないから言ってるんじゃないかという気持ちと、正直なところ両方の可能性を

考えてしまいました。決算書と概要資料は持ち帰っていいですよと言ったのですが、

案件がない状態で持ち帰ると問題があるかもしれないということで受け取らずじまいと

いうところに、その場の雰囲気でやれると言ったんじゃないかと思うところも。

大規模修繕の際に小口借入しているんだから、持っていけばいいのに。



それでも可能性があると言っていただいた以上、ここで関係を断ち切る必要はないと

判断しました。というわけで、積金も継続する方向で決断。



この金融機関さんは、私がお付き合いしている中では比較的大きな金融機関さんです。

その分、うまくはまれば金利等も安くなるかもしれません。今回のやり取りをきっかけに

うまく関係を再構築できればいいなと思っています。