収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造最上階人気エリア学生需要有注目の物件10%超住環境充実2路線2駅

価値観の軸を忘れない。

キーワード:幸せ,都内,住宅ローン,会社員,財務体質

投稿者:ひろ*

2013年12月23日 15:24

自分は自分、他人は他人。うらやんでも仕方がないのです。自分の軸を持って、自分なりの幸せを見つけるのが一番大事です。

会社員として生活している分には、似たような経済状態の人が多いので気になりませんが、不動産投資をはじめて、同業となる大家さん仲間の人に会うようになると、自分の価値観や自分の経済観念とはだいぶ違う人と交流する機会が増えてきます。

年収数千万の外資系のエリートサラリーマンもいれば、年収300万の工場勤務の方もいます。自営業の人、サラリーマンの人、士業の人、地主の跡取り。普段の生活の中ではご縁がなかなか持てない方との交流は、自分自身の人間としての幅を広げてくれるものと思います。

ただ、そういう人と交流して良い影響を受けていくのは良いのですが、自分の中の判断の軸までぶれてしまうのはどうなのかなと思っています。

開業医が考える「つつましい生活」と、年収450万のサラリーマンが考える「つつましい生活」はどう考えてもそのレベルは違うでしょう。1000円のランチを「贅沢」ととらえる人もいれば「普通」ととらえる人もいるはずです。

そういう人と交流する前の自分は、どのレベルであれば「幸せ」と思ったでしょうか。私は一応上場企業のサラリーマンですので、人並み以上に年収をいただいております。

住宅ローンで都内に戸建を購入できるくらいの信用はありますから、それに応じたレベルで「つつましい」「幸せ」を定義します。先の例でいえば、1000円のランチまではOKで1000円を超えると贅沢なランチ、ってとこでしょうか。

私が外資系エリートサラリーマンの方に影響されて、1000円のランチじゃ物足りなくなり2000円とか3000円くらいで満足するようになったとすると、もともと「幸せ」と感じていたレベルでは物足りなくなってしまいます。

そのこと自体、向上心があってよいと考えるということもできるかもしれません。しかし、一度幸せのレベルを上げてしまうと、何かあった時に下げることができなくなります。

自分が不動産を始める前に「幸せ」と思っていたレベルってどこだろう?そんなことを頭の片隅に置いて、たまに初心にかえることも重要ではないかと思います。

借金を膨らませ、ひたすら規模を追求する。そんな考え方もなくはないと思います。しかし、たまには「もともとどのくらいの目標でやってたんだっけ?」ということを初心に立ち返って思い出すプロセスがあってもいと思います。

ひたすら規模を拡大し、5億の借金を抱えてキャッシュフロー1000万を目指すのか、3億くらいのところで一度キャッシュフローを返済に回し、物件を増やさずに財務体質を改善していくのか。

冷静に考えて、5000万の無借金の利回り10%の物件があれば、経費率30%としても350万のキャッシュフローが残るわけですから。フルローン、オーバーローンで1.5億から2億程度の借金をしたくらいのキャッシュフローと同じだけ稼げます。

350万の所得が少しの苦労で得られるなら、たとえ300万の年収のサラリーマンであっても家族を養う程度には食っていけるのではないでしょうか。

規模を大きくして、キャッシュフローが大きくなってきたところで、繰り上げ返済や現金での戸建投資に回す。そんな将来像を私は描いております。無借金の物件がいくつか増えたら借金のある物件はすべて売却してもいいのではないかと思います。

増やすだけが能じゃない。規模の大きな人を羨んでも仕方がない。自分はなにをもって満足と考えるのかをしっかり把握する。そんな事業家に私はなりたい。

ま、そんな考え方もあるんじゃないですか、ということで。