収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造最上階人気エリア学生需要有注目の物件10%超住環境充実2路線2駅

ドキドキ系・・・

キーワード:資産活用,賃貸系クレーム

投稿者:熊切

2018年04月16日 07:08

不動産投資.ME

年に何度かドキドキする仕事があるものですが、たまにだったら適度な刺激は良いものです。
昨日は、普段お世話になっている地主のAさんに頼まれてブローカー氏の家に行ってきました。

経緯は昨日の記事をご参照下さい


(登場人物)
甥っ子 (50代 Aさんの甥) 結構な地主
B氏   元不動産業者のブローカーで推定80歳くらいとのこと
C社   工業団地に工場のある廃棄物処理業者で土地の賃貸借希望

(状況)
・約200坪の土地をC社が借りたいとB氏より持ち掛けがあった
・C社は従業員さんと作業車の駐車場として借りたい
・契約は3年か5年区切りだが、会社がある限り使うと言っている
・賃料は月額8万円
・駐車場造成のため当初30万円負担して欲しいと言われたが200万円にUPした
・造成は転圧、砕石工事、既存のフェンス撤去、入口側溝の蓋と補強等
・200万円が出せないなら貸してあげるとB氏に言われた
・土地の地目は「山林」であるので固定資産税が安い
・現地は平坦で雑草取りを業者に頼んでいる
・駐車場になると固定資産税が高くなり、駐車場撤退後も高いままになる


そんな状態だったので、普段世話になっている地主Aさんから「甥っ子が困ってるから面倒見てやってよ」と頼まれてB氏の家をアポなし訪問したのでした。

甥っ子さんの話からは強引なブローカーとの印象を受けたので、かなり警戒したのですが、年に何度かドキドキする仕事があるもので自分的には経験値UPと考えるようにしています。

ドキドキ系の中では、7年くらい前の出来事が特に心に残っています。

競売でアパートを取得した初対面のオーナーさんから「旧オーナーが物件の鍵を渡してくれないので、渡すようにお願いしたら、代理人が出てきて話を聞いて欲しいと言ってるから代わりに聞いてきて」と頼まれた事があって一人で行ったのですが、実に経験値UPな物語を体験させてもらいました。

その時くらいから「変な出来事こそ良い経験となる」と、ブロガーとしての教訓を得たような気がしていますので、今回も似たようなパターンかとドキドキ状態


年配のブローカーとの事なので、「何だ貴様、仕事の邪魔をする気か!」とか言われたら何て言い返そうかと考えていたのですが・・・

一度目は甥っ子さんと二人で訪問したのですが、B氏は留守でした。

奥さんに名刺を渡して連絡を待っていたところ「今、帰ってきたので要件を聞かせて欲しい」と電話で呼び出され自分一人で再訪問・・・


クマ 「こんにちは、突然すみませんね、〇〇さんの件でお話がありまして」

B氏 「200万円の件ですよね、警戒されて当然でしょうな」


何か、Bさんイメージと全く違って紳士的に話をしてくれます。

クマ 「単純に、200万円払って8万円の賃料だったら途中解約されたら損しちゃうって心配なんですよ」

B氏 「先方は5年でも10年でも借りるって言ってますし、私も工業団地が出来た頃からの付き合いで信用できる会社さんですので」

不動産投資.ME

クマ 「造成に200万円も掛かるって事ですけど現地は平坦になってますよね」

B氏 「自分も平坦になってるから最初に安い金額を言っちゃったのが良く無かったんですよ」

クマ 「何か、お金が無いなら貸すよって言われましたかね?」

B氏 「200万円分の賃料が入る前に撤退するのが心配だろうから工事代を私が立て替えて3年経ったら返してもらうって事で良いと思ったんです」


クマ 「え~ そこまでして1年で撤退とかしたら揉めちゃいますでしょ?」

B氏 「ですから、間違い無い会社だと私が保証する感じです」


いろいろ聞き出したところ、現在C社が駐車場として借りている土地が売却される事になり数カ月以内に立ち退く必要があり焦っているとの事でした。
一度は、貸してくれるとの事だったので、話を進めないと困るそうです。

クマ 「借主さん側で造成費用持って頂ければ地主さんOKだと言ってましたよ」

B氏 「その場合は、賃料を大幅に減額してくれないと嫌だと先方さん言ってましてね」

クマ 「賃料8万円ですから大幅に減らされたら地主さん貸さないと思いますよ」

B氏 「長く借りてくれるんだから賃料減額しない方が得ですよ」

クマ 「そうですけど、平行線な話なので着地点見つけないとまとまりませんよ」

B氏 「わかりました、造成費用が安い業者探すので少し待ってて下さい」

クマ 「では、そのように地主さんに伝えておきますので、進捗があったら自分に電話頂けますかね」

B氏 「直接話さないで、お宅とやりとりって事ですか?」

クマ 「はい、直接訪問されるのは嫌なんですって」

なんか、Bさん元気無くなっちゃったので、ちょっと雑談したのですが、20年以上前に引退した元不動産屋さんでした。

工業団地を造る際に農家を取りまとめた地上げで大儲けしたそうで、近隣の農家系地主さんに感謝されていて未だに当時の絡みで活躍しているみたいです。

年齢が80歳くらいで強引な感じとの事前情報でしたが、実際は70代前半で腰が低いイメージでした。

契約したら豹変されても嫌なのですが、なんだか悪い人には見えません


また続きができると思います・・・

ではまた明日。

賃貸管理クレーム日記さんの著書