収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造最上階人気エリア学生需要有注目の物件10%超住環境充実2路線2駅

大切にしていた理由とは?

キーワード:雑談

投稿者:熊切

2018年02月21日 08:47

なんか今朝からブログの仕様が変わったみたいで文字の大きさ調整が微妙な感じです。

お使いのパソコン設定で画面表示が異なるかと思うのですが、ライブドアブログで言う標準の文字サイズで書いてみます。

しばらく微調整しながら投稿してみますね。


きのうは、訪問する度に過去の恨み話しを聞かせてくれる地主のAさん(80代男性)宅を訪問してきました。

今回は、先月の凍結騒動の際に寿命が来た給湯器の交換費用の集金なのですが、集金するだけで帰るなんて感じにはなりません。

Aさんは一人暮らしなのですが、週に2回はヘルパーさんが来ていますので、誰とも話をしない訳では無いのですが、深い話をヘルパーさんにする訳にもいかず、月に1度程度訪問してくる自分が恨み話系の話し相手なのです。



自分自身、何度も何度も同じ話を聞いているので疲れてしまうのですが、「今日は5時までしかいられません」と滞在時間を最初に切り上げ予告したので、どんな話でも聞く感じです。

相変わらず後ろ向きな暗い話ばかりなので、言葉の端々の単語を聞いて話を明るい方向に持っていくようにしています。

Aさん 「私の子供の頃には近所の家はお団子売ったり煎餅売ったり農家以外に何かしら副業やってたんだよ」

クマ 「へぇ~ じゃぁ街中に出なくても買い物が出来たんですね」

Aさん 「この辺は、どこに行くにも遠いいから近所で済ませるのが普通だったんだ」

クマ 「バス通りが近いですけど子供の頃はバスが無かったんですか?」

Aさん 「昭和のはじめ頃は木炭バスが走ってたと思うから結構昔からバスはあったね」

クマ 「木炭バスって見たこと無いですけど蒸気機関車みたいな原理ですか?」

Aさん 「どうだろう、蒸気機関車よりは単純な感じだと思うよ」

クマ 「木炭バスで駅まで行くと料金はいくらだったんです?」

Aさん 「私はバスなんて滅多に乗らなかったからなぁ・・・ 10銭くらいだったかな?」 

クマ 「へ~ 円より下の銭(せん)があるんだから昭和初期の話ですね」

Aさん 「そうだねぇ もっと子供の頃には銭の下に厘(りん)があったよ」

クマ 「自分、子供の頃に古銭集めてたから貨幣の話はけっこう知ってるんですよ」

Aさん 「そうなんだ、じゃぁ母からもらった宝物があるんだけど鑑定してみてよ」


と、言って何やら古い袋を部屋から持ってきてくれました。

袋の中には大量の古いお金が入っています。

不動産投資.ME

Aさん 「私の母が大切にしまってたお金なんだけど古銭として価値があるのかね?」

クマ 「確かに大正とか戦前のですけど大した価値無いですよ」

Aさん 「そっか・・・ 元が1銭なんだから100倍になっても1円だねぇ」




クマ 「お母さんは小銭を大切にしろとか伝えたかったなんて感じの意味があったんですよきっと」

Aさん 「まぁ 別に価値があっても無くても売る訳じゃ無いから関係無いけどね」


不動産投資.ME

クマ 「この袋って鎌倉の銭洗弁財天て書いてありますよ」

Aさん 「ほんとだ、旅行なんか行ったこと無いと思ってたけど自分の知らない時に行ってたんだね」

クマ 「あれですよ、お金を洗うと金運アップみたいなパワースポットなんじゃないですか?」

Aさん 「そうか! なるほど・・・ だから大切にしてたんだよ」




実際のご利益話しはわかりませんが、Aさん宅は増えすぎた不動産を処分して相続税を払う準備をしているレベルになってますので、金運アップと言う点ではご利益があったのでしょう。


Aさん 「なんか、母がそう言う考えでこの小銭を大切にしてたってわかって嬉しいよ」

クマ 「そうですね、やっぱり小銭を粗末にしちゃいけないって事なのですね」

Aさん 「そんな立派な母から産まれたのに◯◯のやつは何でひねくれちゃったんだろうね」



と、いつものマイナス思考モードに入ったところでお約束の時間がきました。



クマ 「Aさん、自分次の予定があるのでそろそろいいですかね?」

Aさん 「もう1時間経ったんだ、また寄って下さいよ」

クマ 「わかりました、で 今日は集金で来たんですけど」

Aさん 「そうだった、遊びに来てるって訳じゃなかったね」



今回は昔話を楽しませて頂きましたよ。


さて、本日水曜日は定休日です。

しばらくバタバタでハンパな休みしかとれていなかったので久しぶりにショッピングセンターの映画館にでも行ってこようかと思ってます。


ではまた明日。

賃貸管理クレーム日記さんの著書