収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造人気エリア神奈川最上階学生需要有注目の物件10%超住環境充実

気持ちの問題だけど

キーワード:売買関係,賃貸営業

投稿者:熊切

2017年03月16日 07:52

不動産投資.ME

にんにくタップリのペペロンチーノなんてのは休みの日くらいにしか食べられないものです。

10年位前に働いていた都内のオフィスの近所にお気に入りのお店があるので久しぶりに美味しく頂きましたよ。





きのうは、心理的瑕疵に関する弁護士先生の研修で都内まで行って来ました。

4時間近くある濃い内容の研修だったのですが、判例について詳しく解説してもらい大満足な感じでした。

仕事上、物件内での自殺や事故に関して告知をしなければいけない場面に遭遇することがたまにあります。

特に、自分の場合は安否確認で始まる初動から、ご遺族との交渉までの経験が結構な回数ありますので、心の準備だけでなく頭の準備もする必要性を強く感じています。

「物理的」に元に戻せても「気分的」には元に戻らない・・・

実に変な感じだと昔から思っていますが、「ホントに幽霊がいると思うの?」とか言う以前に「気味が悪い」「縁起が悪い」と思われるだけで、普通の状態で無くなってしまうのが「心理的瑕疵物件」の特徴なのです。

今回、「売買物件」「賃貸物件」「競売物件」それぞれの判例について詳しく解説が聞けて大変勉強になりました。

しかしながら自分のもうひとつの感想として、個別の問題に関しては「裁判所に決めてもらわないと完全な事は言えない」し、仮に「告知しなくて法的に大丈夫」だと判断しても現実問題として「事故物件サイトに載っている状態では告知するべき」との判断をせざるを得なくなると感じました。

そこら辺、インターネットの発達で昔と桁違いな情報量の時代になっている訳ですので「◯年経過したら告知しない」より「そう言う事があったけど昔の話ですから」的にサラッと伝えるとかで乗り切れれば良いのですが・・・

やはり「感情」ってのは大きな問題ですので、その分野で何か新しい仕組みを発見して活用したいものです。


さて、本日(16日)は朝から資料作成に専念しようと思っています。

頭の中で考えている事を文字にするってのはブログを書くのと似ていますので嫌いじゃ無いのですが、なぜか捗らないんですねぇ・・・

ではまた明日

賃貸管理クレーム日記さんの著書