収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造最上階人気エリア学生需要有注目の物件10%超住環境充実2路線2駅

安易に投資物件を購入してはいけない

投稿者:西村弘子

2016年12月30日 21:29

住宅ローンと投資物件の融資は違います 住宅ローンは給料の中から返済していくものですが,投資物件の融資は家賃収入の中から返済していくことになります 住宅ローンの借り入れは銀行に対して私はサラリーマンです。が通用しますが,投資物件の融資は賃貸経営に対しての事業資金として銀行はお金を貸します たとえ本業がサラリーマンでも経営者に対しての融資になります 事業資金の融資は過去の実績に対して銀行はお金を貸すことになります 投資物件を初めて扱う経営者は返済能力はゼロと銀行は判断します なぜなら担保物件無し,現金も無し,融資する銀行からすれば危険な融資先になるからです 住宅ローンは借りられたのに投資物件の融資は断られた。と話される消費者の方がいますが,融資する銀行からすれば,当然のことだと思います 銀行が融資しない物件を持ち込む消費者の方は知識が無いのが明確です 銀行から融資を断られた消費者の方は貴方が経営者だったら会社はつぶれますよと言われたと理解するべきです 初めて投資物件を扱う消費者の方に多いのですが,頭金0円~100万円でフルローン・オーバーローンを希望しますと言われますが,投資物件初めての消費者の方は銀行からすれば危険な融資先なので物件価格の10%~20%の頭金を入れてくださいと銀行から言われます フルローン・オーバーローンは大家業として成功されて担保物件を持っている賃貸経営が成功した経営者として銀行から認められた方に限るのです 初めて投資物件を購入する消費者は融資する銀行からすれば①お金が無い ②知識が無い ③担保物件無し ④物件を購入する決断力がない 悪い条件が揃った融資先です 実績を重ねて銀行から信用してもらえれるようにならなければお金を得ることはできません ※サラリーマンの給料では小遣いが不足なのでと安易な理由でお金を稼げる程世の中は甘くない お金を貯める習慣の無い方は不動産投資で成功しません 本に書かれた事を信用して投資物件を初めて購入する消費者の方が頭金0円で融資を申し込んでも銀行から相手にされない現実を知ることは大切なことです