収益物件検索キーワード:駅近RC造投資用物件高利回り満室稼働中SRC造戸建賃貸RC造人気エリア神奈川最上階学生需要有注目の物件10%超住環境充実

収益物件を選ぶコツ

収益物件を選ぶコツとしては、まず立地の条件が大きなポイントになってきます。自分が入居するマンションやアパートではないので、入居者の需要にあわせた物件の購入が理想的です。そもそも家賃収入が得られません。例えば、駅やバスなどの交通アクセスが良くて、周辺に公共施設や公園、コンビニなどの商業施設があるなどの生活利便性も考えなければいけません。人口の比率が年々高くなっているようなところを探しましょう。

家賃相場や競合環境にも目を配っておかないと、経年による家賃の下落率が非常に大きいとか、一旦空室になるとなかなか埋まらないといった事態に陥っている物件も散見されるので注意が必要です。

収益物件を選ぶ4つのポイント


収益物件選びで資産価値を重視する人は多い。資産価値とは人気の高さを言い、そのほとんどが立地の良さで決まっています。資産価値を評価する尺度は様々ですが、以下のポイントを見極めて参考にすると良いでしょう。

交通利便性


都心やターミナル駅へのアクセス性がカギ
資産価値のなかでも大きな評価を占めるのが交通の利便性と言えます。複数路線の利用や急行や快速の停車する駅、都心やターミナル駅などに乗り換えなしや短時間でアクセスできるなど、公共交通機関の使い勝手の良さがカギとなります。

生活利便性


収益物件の近隣に、商店街やスーパーなどの商業施設のほか、金融機関や病院、役所、学校といった、普段の生活に不可欠な生活必需施設がそろっているかなど、便利に使えることが魅力につながります。

居住快適性


入居者にとっては「住み心地」は重要な項目です。せっかく入居しても数年で退去してしまっては、意味がありません。将来的には入居率にも大きな影響を与えます。長期入居を確保する為にも、生活を豊かにしてくれる施設や環境、例えば公園や街路樹などの緑に恵まれている、文化・娯楽を楽しめる施設があるなど、多くの人が魅力的に感じるかという視点で見てみましょう

安全性


地震、台風などの自然災害で被害に遭ってしまうという不安は常にあります。再開発などで区画された街路が整備されていれば、災害が起きた時に入居者が避難しやすく、最小限の被害で済むでしょう。地震保険や火災保険にはいっておくことも重要です。

おすすめの収益物件